フロアコーティング比較ナビ ランキング・口コミ情報

フロアコーティング業者を選ぶ前に!まずはコーティングの基本から。マイホームのフローリングをキレイに保ちたいと考えているのであれば、コーティングを行うべきです! 施工業者は数多くありますので、上手に業者を選ぶためにもまずはフロアコーティングの基礎知識から押さえましょう。

フローリングを美しく保つには

きれいなフローリング

フローリングって、家具を引きずったりものを落としたりすると、すぐに傷がついてしまいますよね。住宅のフローリングに傷がついてしまうとお部屋全体の景観が悪くなってしまいますので、フロアコーティングを行ってフローリングを傷から守りましょう

 

施工後は汚れがつきにくくなりますので、毎日のお掃除やお手入れが楽になりますよ。私の家はまだ小さい子供がいるので、よく床にモノを落としたり食べ物をこぼしたりするので、「施工してよかった」と日々感じていますよ。

業者比較をする際に知っておきたい5つのチェックポイント

フロアコーティングの施工業者は数多くありますので、その中から自分にとって満足な施工をできる、優良な業者を見極めることが大切です。マイホームのフローリングに施工してもらった、経験者の私が提案する業者比較の際に重要なチェックポイントがこちら!

☑専門業者かどうか

施工業者には、住環境を改善する様々な工事を行っているリフォーム業者と、フロアコーティングを専門に行っている業者があります。

 

リフォーム業者は広く浅く様々な工事を行っているので、フロアコーティングを専門に行っている業者に比べると技術に劣る傾向があります。専門業者は「専門」なだけあって職人の技術が高く、失敗するリスクも少ないので、きれいに品質高く仕上げてもらえますよ。また、専門業者は扱っているコーティングの種類が豊富なのでニーズを満たすものが見つかります。

施工は専門業者に依頼しましょう。

☑施工実績

業者選びの際に気になるのがやはり技術力。プロではない私たちが業者ごとに技術力の有無を直接知ることはできませんが、参考にできる指標が施工実績です。

 

施工実績が豊富な業者は、多くの現場で培った技術力とノウハウがありますので、安心して施工を任せることができます。施工実績が乏しい業者は全体的に技術が低く、塗りムラができてしまったり、硬化不良を引き起こしてベタついてしまったりといったトラブルが起こることもあるので注意が必要です。施工実績は業者のホームページなどに書かれていることが多いので、ネットで検索してみましょう。

また施工した顧客からの口コミ・感謝の声の掲載件数の多さも参考になるでしょう。

☑コーティングの種類

ひと口にフロアコーティングといっても様々な種類があり、業者によって扱っているコーティングの種類が違います。それぞれ種類によって性能や価格に違いがありますので、まずは自分がフローリングをどうしたいのか、たとえばツヤの度合いや保護の強さ、滑り止めの性能、心配な傷の種類などをひととおり書き出し、予算を立てて、どのコーティング方法が自分に最適なのかを知る必要があります。

最適な種類を把握した上で、そのコーティングを行なっている業者を選びましょう。

 

業者のホームページには取り扱うコーティング方法の紹介をしていることが多いのですが、それぞれのメリットだけでなく「耐用年数が短い」「効果は高いが施工価格がどうしても高くなる」といったデメリットもきちんと紹介してくれている業者は信頼できますね。

☑見積もり価格は妥当か

初めてフロアコーティングを行う時は相場がわからず、提示された見積もりの金額が高いか低いか分からず鵜呑みにしてしまいがちです。しかし、業者によっては相場よりも高額で必要以上に出費が高くなってしまう場合もありますので、見積もり価格が妥当かどうかを見極める必要があります。

 

ですが、コーティングの種類や工法によって価格が変わってしまいますので、素人が適正な価格なのかを見極めるのは難しいです。複数の業者から見積もりを取って金額を比較して、相場を勉強するのもよいでしょう。

私の場合は、複数の業者から見積もりを取るのが面倒だったので、インターネット上にある便利な一括見積もりサイトを活用しましたよ!

☑アフターフォローの充実度

施工後のアフターフォローが充実している業者を選ぶことによって、施工後にトラブルが起こった際に対応してもらうことができます。モノを落とした際に床の表面がへこんだり、傷がついてしまったりすることがありますが、アフターフォローがしっかりしている業者であれば無料でリペア補修をしてもらうことができますので安心です。

 

なお、他社で施工した後のフローリングのトラブルへの相談も受けている業者もあります。それだけの知識や技術力があるということですから、元々その業者にお願いしておけばアフターフォローについても安心できますね。

フロアコーティングのベストタイミングっていつ?

■おすすめは新築時!

マイホームを建てる際には様々な出費がありますので、コーティングは後回しにしてしまいがちです。ですが、施工が遅れれば遅れるほど、フローリングの傷がどんどん増えていってしまいます。フローリングがキレイな間に施工することによって美しさを保てますので、新築のタイミングでフロアコーティングを行うのがベストです。

 

私の場合は新築から1年近く経ってから施工を頼んだので、すでにフローリングに傷がついていました。その為、まずフローリングの補修をしてからフロアコーティングを行ったので、補修代金の分高くついてしまいました。

フロアコーティングを施工するまでの流れ

実際にフロアコーティングを施工するまでには、どのような流れになるのかを知っておきましょう。

~業者を決めるまで~

STEP.1 業者をピックアップ

まず、自宅を施工可能エリアに含んでいる業者を探しましょう。インターネットなどでホームページを検索し、掲載されている情報を元に候補を絞り、資料やサンプルを請求します。

STEP.2 資料比較

業者から送られてきた資料やサンプルを比較しましょう。資料に記載されている料金内容が明瞭か、具体的な施工内容やアフターフォローの内容を重視することが大切です。

STEP.3 見積もり依頼

資料やサンプルを比較して絞り込んだ業者に見積もりを依頼しましょう。この際には見積もり内容をしっかり見て、見積もり内容通りに作業が行われているかを確認しましょう。また、追加料金が発生するかどうかなども確認する必要があります。

STEP.4 業者決定

見積もり内容に納得した業者があれば契約を交わしましょう。契約にサインをする前には、もう一度契約書の内容を確認することを忘れずに。

~施工当日の流れ~

STEP.1 施工箇所のチェック

業者立会いのもと、施工する箇所に予め傷や凹凸が無いかの確認をしておきましょう。施工後に傷や凹凸が見つかった場合は、トラブルに発展する可能性がありますので入念に確認する必要があります。

STEP.2 作業前準備

ここからは実際に業者によるフロアコーティングの施工が始まります。まず施行する箇所以外にマスカーやマスキングテープなどを貼って、コーティング剤が付着しないように保護します。フローリングにワックスが塗られている場合は剥離したり、下地調整剤を塗ったりして、コーティング作業に入る前の事前準備を行います。

STEP.3 コーティング作業

コーティング剤を実際にフローリングに塗っていく作業に入ります。フローリングに均一にコーティング剤を塗っていき、コーティング剤が乾いて、マスキングテープや養生などをはがしたら作業終了です。

STEP.4 施工後の確認

全作業が終わったら、施工箇所を確認する必要があります。後悔のないように、気になる部分があった場合はその場で伝えることが大切です。

また、この際にお手入れの方法や掃除方法のレクチャーを受けて、毎日の掃除に活かしましょう。

フロアコーティングの種類と種類の特徴

フロアコーティングとパソコン フロアコーティングは種類によって性能が違います。代表的なコーティング方法を紹介しますので参考にしてください。

■UVコーティング

ローコストで施工することができるリーズナブルなコーティングです。紫外線を照射することで瞬時に硬化するので乾かす時間が必要無く、短時間で施工を終えることができます。施工後に万が一不具合が見つかった際にもすぐに補修や塗り直しができるのも利点です。

総合的に見て、UVコーティングは現在最も効果的なフロアコーティング方法といえるでしょう。

■シリコンコーティング

ノンスリップ効果があり、滑りにくい仕上がりが最大の特徴です。やんちゃ盛りの小さなお子さんがいる家庭、お年寄りがいる家庭には転倒予防策としてを防ぐことができるのでおすすめです。

■ガラスコーティング

水滴

薄膜で非常に硬いのが特徴で、傷がつきにくく目立ちにくいのでフローリングの美しさをしっかり保つことができます。施工をする際には特別な機材を使う必要がない、安価に施工を行うことができるので経済的ですよ。

■ウレタンコーティング

摩耗性が高く家具を引きずってできる傷などに強く、様々なコーティングと比べて安全性が高いというのがメリットです。価格はリーズナブルですが、耐用年数が7~10年と短いのでランニングコストを踏まえた上で選ぶようにしましょう。

フロアコーティング業者を比較してみよう

数ある業者の中から厳選して3つの業者をピックアップ!比較しながらそれぞれの特徴を紹介します。

■ 信頼と実績の エコプロコート

1991年に創業したエコプロコートは、フロアコーティング界の老舗的な存在。圧倒的な実績に裏打ちされた確かな技術で、唯一ハウスメーカーとのOEM取引もあり、高品質な施工を行っています。

国内に流通しているほとんどのフローリングに対応できるノウハウを持っており、アフターケアも充実しているので多くのユーザーから信頼を集めています。

 

標準価格が若干高めなため、品質・実績・信頼を選ぶか、少しでも安い他社を選ぶかが判断のしどころになります。ただ決してコストパフォーマンスが悪いわけではなく、高品質を追究した結果の価格設定なので、長い目で見れば高い買い物ではありません。

フローリングをきれいに保ちたい」という元々の目的から考えるならここが良いと管理人は考えています。

■ コスパで選ぶなら グッドライフ

他には真似できない施行料金で評判を集めており、できるだけ出費を抑えたい方に適しています。高級感のあるUVコーティングを驚きの安さで提供しているので、コスパ重視の方には選択肢の一つには外せない業者です。

■ アフターケアが大充実の ジェブ

施行後5年間に渡って年に1度無料のアフターサービスを行っていることで評判を集めています。コーティングや床にトラブルが無いかを確認し、保証期間内に見つかったトラブルは無料で補修してもらうことができます。また、保証期間は最大30年と非常に長く、施工終了後も安心して暮らすことができます。

 

施工サンプルを取り寄せれば違いがわかる!

施行業者を選ぶ際には、仕上がりやコーティングの品質が気になるところですよね。

業者によってはサンプルを無料で送ってくれるところもありますので、無料サンプルを取り寄せて品質を確かめるとよいでしょう。多くの業者は、サンプルとして各種のコーティングを施したフローリング素材を用意しています。ほぼ実物が届くわけですから、施工後の仕上がりをより具体的にイメージできます。

 

サンプルを見ると、光沢がどれくらい強いのか、コーティングがどれくらいの厚みになっているのか、などがひと目でわかります。また、実際に爪でこすったり、汚して拭いて掃除のしやすさを確かめたりすることで、どれくらい汚れや傷に強いのかもわかります。

 

ホームページや資料といった文字と画像の情報だけではわからないコーティングの品質を知るのに、サンプルは最適です。また、オプションが豊富な業者だと、そのオプションが便利なのか不要なのか、判断に悩むことがあります。それなりに知識も高めた上で見積りした方が良いでしょう。

 

最短で翌日お届けと、すぐにサンプルを送ってくれる業者もありますから、実感しづらい写真を見て何日も悩んでいるよりは、気軽に取り寄せましょう!

フロアコーティングはやっぱり大切

良い環境の家 住環境が整えば、プライベートの時間が充実して、人生が豊かになります。マイホームで暮らす時間をよりよくするために、室内の景観はとても重要です。

 

フローリングの美しさを保てるフロアコーティングは、快適な住空間を創るのに必要不可欠です。フロアコーティングで、いつまでもきれいで丈夫なフローリングを手に入れましょう!

 

次の記事

おすすめの記事
何もないリビング
業者一覧
自宅の床が劣化していると、何だかみすぼらしく見えてしまいます。ワックスはすぐに剥がれてしまい効果が期待できない、そう諦めてしまっている方も多...