犬と猫

犬や猫などのペットは暮らしに癒しを与えてくれる大切な存在ですが、フローリングにおしっこをしてシミがついてしまったり、引っかいて傷をつけたりすることがあります。可愛いペットと暮らしながら、フローリングの見た目を綺麗に保つためにはフロアコーティングをするのが最適です!こちらではペットを飼っている方必見のフロアコーティング情報を紹介します。

ペットとフローリングのリスク

飼い主と犬フローリングの住居で、犬をペットとして飼うと様々なリスクが発生します。どのようなリスクがあるのかを知っておきましょう。

リスク①おしっこのシミが…

まだしっかりしつけができていない子犬を買うと、フローリングにおもらしをしてしまうことがあります。しつけができている成犬でも、トイレから尿がこぼれてしまったり、尿のしずくが垂れている状態で歩き回ったりします。すぐに拭き取って消臭スプレーをすれば臭いを消すことができますが、フローリングの隙間に尿が入り込んでしまった場合は、落とすことができません。また、留守中におしっこをしてしまい、フローリングにおしっこがついている時間が長くなると臭いやシミがついて落ちなくなってしまいます。

リスク②引っかき傷がついてしまう

犬の足には爪がついていますので、フローリングの上を走り回ると傷がついてしまいます。爪の硬さや体の大きさ、気性によっても傷のつき具合が変わりますが、大型犬などを室内で飼っている場合は新築のフローリングがあっという間に傷だらけになってしまう可能性もあります。

リスク③犬が関節の病気になる

犬の体はグリップがきく地面で走り回るようにできており、ツルツルと滑るフローリングは犬の足腰に大きな負担をかけてしまいます。負担がかかることによって、関節炎や脱臼やヘルニアを引き起こすリスクが高くなります。このような症状が出ると運動を嫌がるようになり、犬の健康に悪影響があります。手術で治療することができますが、手術代金が高くついてしまいます。 百歩譲っておしっこのシミや引っかき傷は我慢することができますが、ワンちゃんの健康に影響があるとなると話は別ですよね。犬にとっても人間にとっても快適に暮らせる住環境を作るためにも、フロアコーティングを検討してみましょう。

ペットがいる家庭がフロアコーティングをするメリット

フロアコーティングをすることによって、フローリングの部屋でペットを飼うリスクを回避することができます。どのようなメリットがあるのかを見てみましょう。

メリット①おしっこをしても臭いとシミがつかない

コーティング剤によってフローリングを覆うので、床材におしっこが染み込むのを防ぐことができます。留守の間にフローリングにおしっこをして、時間が経っている場合でもシミや臭いがつかず、快適な住環境を保つことができます。

メリット②傷がつかない

フロアコーティングを行うと被膜が犬の爪からフローリングを守ってくれますので、フローリングの見た目をキレイに保つことができます。ガラスコーティングUVコーティングなどの、被膜が硬いコーティング剤を選ぶことによってより強力に床材を傷から守れます。

メリット③ペットの足腰への負担軽減

フロアコーティングに使われるコーティング剤は様々な種類があり、シリコンコーティングなどは施工をしていないフローリングよりも2倍近い抵抗値があり滑りにくいです。ワンちゃんが元気に走り回っても滑る可能性が低いので、怪我をしにくくなります。

ペットの毛が舞わない

ペットの毛が抜けて室内に舞うとアレルギー症状が出てしまうこともあります。ガラスコーティングの中には静電気を発生させるものがあり、ペットの毛を吸着するのでアレルギー症状などを防ぐことができます。

清潔な環境を保ちやすい

犬や猫を飼っていると、餌の食べこぼしや嘔吐をした時の吐しゃ物で汚れてしまいがちです。床材に汚れが染み込むとゴシゴシこすってもなかなか落ちませんが、フロアコーティングをしているとサッと一拭きで掃除を終えることができるので手軽です。 ペットを飼っていて大変なのが、おしっこや吐しゃ物の処理なんですよね。フロアコーティングを行うことで、掃除や片付けが楽になるというのはとても嬉しいポイントです。フローリングの傷も防げて、犬の足腰への負担も減らせるといいことずくめなので、予算さえあればやらない理由はないですね。

施工業者を選ぶポイントとは?

男性と女性フロアコーティング業者は数多くあり、それぞれでサービスや価格が違います。ペットを自宅で買いたいと考えている方は、どのようにして業者を選べば良いのでしょうか。

①ペットに合わせた施工を行ってくれる

フロアコーティングの種類は様々あり、それぞれ機能性に違いがありますので目的に沿ったコーティング剤を選ぶことが大切です。ペットと暮らすのに最適なコーティング剤などもあります。業者の中にはペットと暮らすのに最適な施工のノウハウを持っているところもあります。獣医が考える最適な施工を追及している業者などもありますので、そのような業者を選べば快適な暮らしを送ることができるでしょう。

②安全性の高い塗料を使っている

コーティング剤の中には、有毒な物質が入っているものもあります。犬や猫はフローリングを舐めることもありますので、そのようなコーティング剤を使用している業者に施工を依頼すると、ペットが体調を崩してしまうリスクが高まります。無機化合物の薬剤のガラスコーティングや医療器具、食器としても使われているシリコンのコーティングなどを行っている業者が良いでしょう。

③口コミや評判で選ぶ

ペットに最適なフロアコーティングを行ってくれる業者を探しているのであれば、実際に施工を行った方のレビューを確認することができる口コミサイトなどをチェックしてみると良いでしょう。施工を依頼してみないと分からないことや、施工を終えた後の使用感などを見ることができますので、参考にすることができます。フロアコーティング業者の口コミ・評判を知りたいという方はコチラを見てみましょう。 ペットに最適な施工を行うためには、こちらの要望や状況をしっかり伝える必要がありますので、相談しやすい雰囲気の業者が良いのかなと思います。ペットに関して配慮がある施工を行っている業者などを優先的に探してみたいと思います。口コミサイトには良い評判だけでなく悪い評判も数多くありますので、正しい情報を見極めることが大切ですね。

買い主にもペットにも嬉しいフロアコーティング!

私たちにとって過ごしやすいフローリングも、ペットにとっては負担がかかるということが分かりました。滑りやすいフローリングの上で過ごすということは、私たちに置きかえると毎日スケートリンクの上で過ごしているようなものです。ペットの負担を減らすと同時に、掃除を楽にしてフローリングをキレイに保つことで買い主自身の様々な負担も減らすこともできます。ペットを飼いたいと考えている方は、これを機にフロアコーティングを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事
部屋
コーティングの種類
フロアコーティングというと、大掛かりな工事をイメージしがちですよね。でも、アクリルコーティングやウレタンコーティングといったコーティング剤で...
子供の足
コーティングの種類
様々なフロアコーティングの中でも近年注目されているのがガラスコーティングです。比較的新しい施工方法にも関わらず、急激に人気を高めている理由と...