二人の男性業者

フロアコーティングの施工会社は数多く存在しますが、その中でも業界第1位の歴史と実績をもつのがエコプロコートです。平成3年の創業以来20年以上もの間、フロアコーティングの技術と経験を培ってきたエコプロコートについて情報をまとめました。

フロアコーティング施工数 業界第1位のエコプロコートとは?

確かな施工技術と耐久性の高いUVコーティング「エコプロコート」を開発したエコプロコート株式会社は、豊富な実績を誇るフロアコーティングの専門会社です。個人の住宅のフローリングだけでなく、医療施設や公共施設などのフロアコーティングにも携わってきました。

■エコプロコートってどんな会社?

エコプロコート株式会社は神奈川県横浜市にあり、全国各地に営業所をもっています。

エコプロコートはフローリングの施工を手掛けるだけではなく、自社で研究施設を保有しており、日々新たなフロアコーティング方法の技術開発やノウハウの蓄積といった企業努力を重ねています。

 

その成果が、同社オリジナルのUVコーティング「エコプロコート」です。

UV硬化技術を家庭施工に応用したのはエコプロコートが業界初だとか。

 

20年以上のフロアコーティング実績があること、革新的技術を自社開発したこと、全国展開していること。すべて施主にとってうれしい、信頼できることですよね。これらが口コミで評判の高い主な理由でしょう。

 

■エコプロコート会社概要

エコプロコート 本社

会社名 エコプロコート株式会社
設立 平成16年12月(創業平成3年8月)
URL http://www.ecoprocoat.co.jp/
所在地 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-17-1 フォンターナ新横浜7F
電話番号 0120-233-484
営業時間 9:00~20:00

 

なお、年中無休で営業する全国6か所のショールームではフローリングの質感を実際に確かめることができ、ペットの同伴もOKです。

 

エコプロコート ショールーム

エコプロコート株式会社 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-17-2 フォンターナ新横浜7F
エコプロコート大阪営業所 〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-4-16 NLC新大阪ビル6号302
エコプロコート九州営業所 〒812-0873 福岡県福岡市博多区西春町4-1-20 正和ビル1階

※ほか東北仙台、札幌、名古屋にもショールームあり。各ショールームについて詳しくはこちら

エコプロコートのサービスと費用

部屋エコプロコートが得意とするUVフロアコーティング。通常のコーティングとどんな違いがあるのかを中心に特徴を調べました。

■エコプロコートが提供するサービス

独自開発のUVコーティング「エコプロコート」を主力として、フロアコーティングの施工サービスを行なっています。

 

通常のフロアコーティングは、コーティング剤の乾燥に時間がかかるため、入居前に行なうのが一般的です。入居後にやろうと考えた場合、いったん家具を出し、乾燥するまで家にも戻れない…ということになってしまうからです。

 

ですがエコプロコートのUVコーティングは瞬時に乾燥して硬化しますから、乾燥待ちの心配は不要! 入居後はもちろん、入居中のフローリングでも施工できます。

■フロアコーティング施工の費用

エコプロコートのサイトでは一律の料金表示などが見当たりません。聞いてみたところ、施工する面積の広さやフローリングの状態、その他の様々な要素によって費用が変わるからだとか。

 

施工費用は、間取りや広さ以外には以下のような要因で価格が変わるそうです。

  • 美装ワックスなしのフローリング → ワックスを剥がす手間が省けるので安くなる
  • ダメージありのフローリング → 回復に手間をかけるため割高になる

 

では予算がわかりづらいのか?というとむしろ逆です。「予算を把握したいから、施工費用をおおまかにでも知りたい」「見積もりがほしい」という方は、施工サンプルや資料の請求を行ない、エコプロコートのサイトにある資料請求、見積もり依頼の専用フォームで依頼してみましょう。サンプルや資料の送付も見積も、すべて無料です。

 

専用フォームでの見積もりは、主に

  • 物件タイプ(戸建て・マンション、新築・中古、入居・未入居)
  • ハウスメーカーあるいはマンションデベロッパー名
  • コーティングの施工場所と広さ

を、わかる範囲で入力して送信すればOK。最短1日、最長でも3営業日で回答が返ってくるスピード見積もりです。

 

参考までに、他のフロアコーティング関連サイトに載っていた情報では、エコプロコートのコーティング費用めやすは30平方メートル未満あたり14万5千円から19万5千円、とのことでした。

■エコプロコートが誇る究極のUVコーティング

エコプロコートは創業20年以上という歴史あるフロアコーティング専門会社であり、コーティング方法「エコプロコート」を独自開発した、UVコーティングのパイオニアともいえます。

 

エコプロコートのUVコーティングは生活のダメージに高い耐性をもっています。摩擦や湿気、薬剤や熱といったダメージからフローリングを守ります。

また20年の長期保証付きで、特別な手入れも不要。お掃除は軽くホコリを拭き取るだけで、まるで住宅モデルルームのような美しさを保てます。

■エコプロコートが他と違うワケとは?

エコプロコートは専門業者の専門家が施工してくれるところに強みがあります。各社で見積もりしていくと、エコプロコートより安い金額を提示する業者は出てくるでしょう。

でも、「安いから」と飛びつくのはNG!

 

原則的に「フロアコーティングは一度きりの施工」と考えるべきで、安易に費用の安さだけで選ぶのはお勧めできません。安い業者に頼んで失敗したら、まずやり直しがきかず、やり直せたとしても結局は高くついてしまいます。

 

激安業者が信用できない理由をご説明しましょう。

 

驚くほどの激安価格でコーティングを行なう会社では、人件費や資材、機材の費用をカットして利益を出します。人と道具のコストを削っているわけですから、施工技術も仕上がりの品質も信用できません。

「激安業者に施工を頼んだらアルバイトだけが来た」

「型の古い劣化した機材を使っていた」

といった苦情はネット上の口コミで多く目にします。

 

エコプロコートは激安コーティング業者とは正反対のスタンスといえます。

エコプロコートは施工業務を専門の職人が担当します。

また国内に流通している、300を超えるあらゆるフローリングに対応するために、樹脂の改良や施工技術の向上に日々取り組んでいます。

 

人件費や資材や機材に費用がかかる分だけ、施工費は激安業者とは比べるとかなりかかるように見えますが、その分だけ仕上がりに信頼をもてますし、仕上がり時の美しさを長期間維持できるうえ、保証期間も20年と長期です。

 

 

上の図はエコプロコートのサイトにある、激安コーティングとエコプロコートのコーティングとで、それぞれの費用の割合を比較した図です。

 

オレンジ色の部分が業者の利益です。

「倍近い金額のエコプロコートのほうが利益も多いのでは?」という予想を裏切り、人件費も資材・機材費も極限まで削った激安コーティングのほうが利益は相当多いのです。

 

施主の支払い金額のうち大半をそのまま懐に入れる業者と、フロアコーティング専門職人の人件費や質の良い資材、改良しメンテナンスを欠かさない機材を使う経費として8~9割を注ぎ込むエコプロコート。

両者を比べた時、どちらが良いかは一目瞭然ですよね。

■エコプロコートの価格への考え方

エコプロコートのような長期間フローリングを保護できるコーティングを行なうと、様々な費用対効果が得られます。

ワックスがけ不要になりますからワックスの費用と手間はゼロに。毎日の掃除もラクラクです。新築時の美しい内観を維持できます。建物の資産価値を保つことにもつながります。

 

また、エコプロコートではフロアコーティング効果の維持にかかるコスト1か月あたり400円と換算しています。これはかなりのコストパフォーマンスですよね。

 

 

さて、ここまでで、エコプロコートは

・独自開発のUVフロアコーティングで、フローリングの美しさを長期間維持できる

・技術習得や製品開発にかける情熱が高く、激安業者とは大きく異なる

こんな会社だと理解できました。

 

フロアコーティングを依頼する際は、施工費用の安さだけでなく、保証内容やサービスの質、口コミや評判なども検討材料にして、信頼できる会社を選びましょう。

エコプロコートへの依頼の流れや注意点

■エコプロコートに依頼する流れ

・ステップ1 資料請求・見積り

問い合わせフォームから、無料サンプルと資料の請求を行ない「どんなフロアコーティングが仕上がるのか?」を実際に確かめましょう。予算を知りたいと思ったら見積りを依頼します。(資料請求と見積り依頼を同時に頼むこともできます)

・ステップ2 ショールームで見学

契約前にショールームを訪れて、実際の雰囲気や説明を受けることをオススメします。ネット上だけ、電話だけのやり取りでは不安が残りますよね。ショールームは全国に複数あり、ペット同伴OKの場所もあります。

 

管理人がショールームを訪れた際は接客態度もよく、説明も丁寧でわかりやすくて、好印象でしたよ!

・ステップ3 契約決定

見積りで予算を、ショールームで仕上がり予想を確認し、「ここに頼もう」と決めたら契約に進みます。

エコプロコートのUVコーティングは一日で施工が終わりますから、スケジュール調整も立てやすいでしょう。

■エコプロコートのフロアコーティング施工当日の流れ

さあ、朝8時から開始した場合の、施工当日の流れを見てみましょう。

 

まず、施工時には作業スペースを汚さないように、シートで保護(養生)していきます。フロアコーティング施工場所だけでなく玄関など作業員が出入りするすべてのスペースにシートを貼り、床や建具の汚損を防ぎます。

STEP1 養生 8:00 ~ シートやマスキングテープで室内を保護
STEP2 床の洗浄 9:00 ~ 特殊技術で床の汚れやワックスを洗浄
STEP3 施工前の確認 11:00 ~ 床がきれいになっているか確認
STEP4 樹脂の塗布 13:00 ~ 樹脂を塗布、際は手塗りで対応
STEP5 樹脂の硬化 16:00 ~ 専用機材を用いて樹脂を2秒で硬化
STEP6 施工後の確認 17:00 ~ 施工箇所の確認後、必要なら即、修正
STEP7 完成 ~ 18:00 養生まで全て撤収、施主立ち合い確認で終了

 

一日でこれほどの作業をこなせるとは驚きです。高い技術力を持つ職人ばかりのエコプロコートだからこそ成せるワザなんでしょうね。

 

洗浄や樹脂の塗布作業は、部屋の事情に合わせて手作業に切り替えるなど細かな部分まで配慮してくれます。

エコプロコートのメリット・デメリットを調査!

他のフロアコーティングよりも優れた印象のエコプロコートですが、メリットやデメリットそれぞれを調べました。

■メリット

  • 摩擦、水分、薬品などのダメージに強く耐久性が高い
  • 数秒で乾燥が終わるUV硬化なので時間がかからず、施工が一日で済む
  • 他のコーティングと違い施工のやり直しがきく
  • ツヤ感は圧倒的で20年間その効果を維持できる
  • コーティング剤は食品衛生法に適合レベルの安全性

デメリット

  • 他のコーティングに比べて割高
  • ツヤ仕上げが特徴なので、マットな質感は再現できない(ツヤの度合いは調整可能)
  • コーティング後の床は多少厚みが増すことがある

 

生活中に起こるダメージに強いという点は、掃除の手間を省きたいと思う主婦にとってかなりのメリットです。また、施工を短時間で終えられる上に、やり直しがきくというのもうれしいですね。20年という長い間ツヤが維持されるのも頼もしいです。

 

一方のデメリットには、さほどマイナス要素はないように感じます。

一流の職人と資材、機材を使用しているので費用は確かに割高になるでしょう。しかし、長期保証付きのフロアコーティングの仕上りは、価格以上の満足度を与えてくれるはずです。

ツヤ感については好みによりけりですし、サンプル、資料、ショールームで事前に確認できます。

エコプロコートについてもっと知りたい!Q&A

エコプロコートのことを「もっとくわしく知りたい!」という方のために、Q&A形式でお伝えします!

■よく聞かれるエコプロコートへのQ&A

施工当日は一日中、家で待機しないといけませんか?
その必要はありません。作業開始時と終了時の確認の際に立ち会えばOKです。

 

作業時間はどのぐらいかかるのですか? 数日かかるケースもあるの?
基本的には朝から作業に入り、約10~12時間で作業が完了。
施工面積や天候によって作業時間は若干異なりますが、個人の住宅なら日で施工は完了します。

 

施工中でも家に出入りできますか?
安全性の確保や品質保持の観点から、作業中の入室は作業員だけです。
家具の移動や必要品の持ち出しは、作業開始前までに対応しておくとスムーズに施工が開始できます。

 

子供やペットがいる家庭でもUVフロアコーティングは安心して使用できますか?
問題なく使用できます。
コーティングに使用する樹脂は、UVライトで完全硬化するため有害物質の発生はありません。
また食品衛生法規格基準もクリアした安全なもので、子供やペットが誤って舐めても心配ありません。

 

家具の移動時の擦れ、アルコール類をこぼすなどでコーティング剤がはがれることはありますか?
摩擦やひっかき傷にも耐えることができますし、UVコーティングは薬剤の刺激に左右されることはありません。

 

UVフロアコーティングの耐久性はどのくらいの長さですか? 特殊なメンテナンスは必要?
エコプロコートのUVフロアコーティングは、一度の施工で20年の耐久性を保証しています。
特別な手入れの必要もなく、普段通り掃除するだけで25年、30年と継続的にツヤを維持することができます。

 

もっとくわしい情報が知りたい方は、お問合せセンターへ直接聞いてみましょう。エコプロコートは年中無休、フリーダイヤルで質問を受けつけており、またオンラインフォームも設置されているので、見積りやサンプル請求への対応もかなり早いですよ!

問い合わせページ http://www.ecoprocoat.co.jp/epc/inquiry/index.html
フリーダイヤル 0120-233-484
FAX 0120-963-509

20年後も美しい床を眺めたいならエコプロコート

やり直しがきかないフロアコーティング。だからこそ、どこに施工を頼むか、業者選びが重要になります。破格の値段に惹かれる気持ちはわかりますが、安さの裏には理由があるもの。激安業者の契約、施工時、仕上がりのトラブルが多発しています。

価格の安さだけで施工会社を選ぶのは避けましょう。

■フロアコーティングで失敗しないためのまとめ

グッドポーズ

必ず見よう! フロアコーティング業者のチェックポイント

  • コーティングの性能は? → 様々なダメージに対する耐性があるか
  • 安全性や品質の高さは? → 品質に関するデータ、公的機関の規格を上回っている
  • スタッフの質や技術力は? → 技術を習得しているか、専門の職人が施工するか
  • 過去の施工実績は? → 件数、これまでの施工の様子、実績数に関するデータはどうなっているか
  • サポート体制は? → 施工の保証期間や、個々のケースに関するアドバイスができるか

 

結論:何年後でも納得できる品質がほしいなら、エコプロコートがおすすめ

フロアコーティングは決して安いとはいえない施工です。やり直しがきかず失敗はできない、でもどんな会社に頼めば良いのかわからない…。このような悩みを抱えている方も多いでしょう。

 

エコプロコートなら、施工の質も手間(施工時間)は他社と比較しても圧倒的です。

サンプル・資料請求や見積りへの対応も丁寧でスピード感もトップクラスでした。

また、創業から20年以上の老舗で、年間およそ6,000件以上の住宅のフロアコーティングを行なっているという安心感もあります。住宅だけでなく、様々な施設の施工に携わっていることは技術力の高さの証といえるでしょう。

 

「何年経ってもきれいなフローリングがいい!」

「フロアコーティングで失敗したくない!」

エコプロコートは、そんな方にこそおすすめしたいフロアコーティング業者です。

 

 

次の記事

  • 男性
    事前に業者ごとの口コミをチェックしよう!
  • 二人の男性業者
    エコプロコートの評判や口コミは?
おすすめの記事
筆で床に塗布する
コーティングの種類
フローリングの綺麗にこだわる私にとって、床のワックスを選ぶかフロアコーティングを選ぶかの選択はとても大切でした。両方試した上で私が感じた違い...
業者の男女
業者一覧
フロアコーティング専門業者の中でも、実績が豊富なのがグッドライフです。自社開発した安全性の高いコーティング剤の評判がよく、注目を集めているの...